Fenix for Twitter

結構長いことTwitterやってますけど、なんだかんだでモバイル端末でやってる時間が一番長いんですよね。 んで、Android/iOS問わず割とたくさんのクライントを使ってきたんですけど、今回はAndroidで一番長く使ってる(だろう)、Fenixっていうクライントを紹介します。 有料です。

設定の詳細も書いてるんで、英語わかんないな人の役にも立つかも。 ちなみに今回書いてる時点でのアプリのバージョンは1.7です。

マテリアルデザイン

f:id:escalatesnack:20160305154803j:plain

最近はマテリアルデザインのアプリもかなり増えてきてますね。デザインのことはよくわからないんで、マテリアルデザインがいいか悪いかは置いとくとして、個人的には好きなデザインです。UIとかUXのことも書きません。UXおじさんこわいんで。

f:id:escalatesnack:20160305155101j:plain

左端からスワイプでメニュー出てきます。

できること

一通りの機能は備えてると思います。

  • ストリーミング機能(3G/Wi-Fi)
  • 通知機能
  • マルチアカウント
  • GIF表示・投稿機能
  • 画像プレビュー(大/小)
  • 画像保存機能
  • スワイプでカラム移動
  • ミュート機能(アカウント/単語/URL)
  • ダークテーマ
  • フォントサイズ変更
  • アプリ内ブラウザ

主な機能はこんなもんですかね。

設定

f:id:escalatesnack:20160305151600j:plain

設定を見ていきます。

・Appearance

f:id:escalatesnack:20160305151615j:plain

見た目の設定ですね。なお、反映にはアプリの再起動が必要です(全部の設定そうかも)が、変更後のプレビューが見れるんで楽ちんです。

Theme…Light、Dark、Blackの3種類から選べます。

Main coler…アプリのアクセントカラーの設定です。アカウント名(@)やリンクの文字、ツイートボタンなどの色が変わります。

Rounded user avatars…アイコンを丸くするかどうか。

Layout…ひとつのpostのサイズを変更できます(Regular/Compact)の2種類。表示される項目に違いはない(はず)だからCompactのほうがおすすめ。

Font size…フォントのサイズ。Smaller~Biggerの5種類。

Font type…表示フォント。Regular、Thin、Condensedの3種類。お好みで。

Date format…postの日付の表示方法。Relative(XXm)かAbsolute(20XX/XX/XX XX:XX)。Absolute(絶対時間)のほうが好き。

Media preview…画像のプレビュー。なし/Small/Bigの3種類。Bigだと画面いっぱいに表示される。

・Tweeting

f:id:escalatesnack:20160305151638j:plain

投稿の設定。

Quote format…所謂RTの設定。4種類から選べる。

Always use location…位置情報常に付けるかどうかの設定。オンにする人いるのかな。

・Syncing

f:id:escalatesnack:20160305154441j:plain

同期設定。

Refresh interval…同期の頻度。当然短いほうが電池食う。

Enable real time updates…ストリーミングのオン/オフ。オンだと電池食う。

WiFi only real time updates…Wi-Fiの時だけストリーミングオンするか?の設定。モバイルのデータ量の節約したい人はどうぞ。

Pin to top…ちょっとよくわかんないですHAHAHA。

Enable Tweet Maker…Tweet Maker使ってる人はオンでいいと思います。

Max tweets per refresh…一回の同期でどのくらいpostを読み込むか。200~1000で選べる。

Refresh on startup…アプリ起動時に自動的に読み込むかどうか。

Pre-download images…あらかじめ画像を読み込んでおくかどうかの設定(だと思う)。postの詳細タップした時に即表示させることができる。オフ/Wi-Fiのみ/常にオンの3種類。

Download high quality images…画像を高画質で表示するかどうか。これもオフ/Wi-Fiのみ/常にオンの3種類。アイドルの画像とか保存する人は常にオンでいいんじゃないですかね。

・Notifications

f:id:escalatesnack:20160305154551j:plain

通知設定。アカウント毎に設定できる。

設定できる項目はタイムライン、メンション、ダイレクトメッセージ、アクティビティ、お気に入りユーザー。 オンにしてると通知バーで通知してくれる。

通知の方法はバイブレーション、LED(端末にある場合)、通知音の3種類をそれぞれ。 通知音に関しては好きな音源に変更可能。

・Navigation

f:id:escalatesnack:20160305154635j:plain

カラムの設定とか。

Columms…カラムの設定。アカウント毎に設定できる。

Invert tweet gestures…これをオンにすると、タイムラインのpostをシングルタップでpost詳細、ロングタップでクイックメニューが表示っていうジェスチャーが使えるようになる。

Swipe to compose…これをオンにすると、ツイートボタンが非表示になる代わりに、画面右端からスワイプするとツイート画面に飛べるようになる。カラム移動と間違えるので使いづらい。

・Browser

f:id:escalatesnack:20160305154712j:plain

ブラウザの設定。

Use internal browser…アプリ内ブラウザを使うかどうか。

Readabillity…Readabillityを使うかどうか。お好みで。

・Send feedback

開発元へフィードバック。メール作成画面に飛びます。

いろいろ

シンプルな見た目の割にいろいろ機能備えてるし、動きも軽いんで、愛用してます。 時々タイムライン読み込まなくなるのがちょっとアレですけど、再起動すればだいたい直ります。 取得漏れに関してはよくわかりません。漏れたpostはその程度のpostだったということです。 結構重要視してるミュート機能はアカウントやハッシュタグ長押しでミュートメニューに飛べるんで楽なんですけど、URLミュートがちょっとあやしいです。(診断メーカーは『shindan』だけだとミュートされなくて、『shindanmaker.com』までいれないとミュートされない) あ、あとはグループDMにも対応してません。できるクライアント公式以外にあるのか知らないけど。

有料ですが、Androidは買って少しの間なら返品もできるんで試してみるのもいいと思います。

Fenix for Twitter - Google Play の Android アプリ